ビジネスモデル

楽天のビジネスモデルについて

楽天と言えば豊富な品揃えと、多種多様なネットショップを抱えてビジネスドメインをインターネットに集中させて事業をしてきた会社でしたが、新たにビジネスモデル転換すると言う事で物理学サービスへの進出をしたのです。今まで配送は別会社を介して行ってきていた所を、在庫管理から出荷、配送に至るまで楽天がショップから請け負っていく様にすると言う物で、楽天の戦略転換が伺われるビジネスモデル転換となりました。こうなった背景にはインターネットの普及により一般化され、インターネット通販に関してもかなり一般的に普及しネットショップも購入も特殊な物では無くなったからと言う背景がある様です。

 

楽天が創業した当初はネットビジネスそのものが特殊なビジネスである認識でした。特殊なノウハウが必要だったのです。そんな中、楽天はノウハウやリソースに関してどこよりも早く確立をさせてきた為に、これを生かして成長をして言ったのです。今はネットビジネスも特殊ではなくリアルな店舗である百貨店を上回る勢いで成長してきていて、今やメインストリームなビジネスとなっています。ですからリアルもネットも区別する必要が無くなってきたのです。

 

その流れを受けて楽天はリアルなビジネス展開も含めてビジネスリソースを確立させる必要が出てきたのです。そして考え付いたのが物流サービスへの進出だったのです。Amazonの成功例を見ても販売と物流の相乗効果は高いと思いますし、楽天を更に拡大させる牽引てき役割をするのだと思います。