ビジネスモデル

Twitterのビジネスモデルについて

ここ数年の間にTwitterが主流化してきましたよね。利用するユーザーも格段に増えていますし色んな社会現象も巻き起こしています。しかし今までTwitterにはビジネスモデルが無いと言われていて、その展開計画を問う声も何度も上がっていたと言います。Twitterを運営しているソーシャルメディア会社の共同創設者達は今まで手がかり的な物は発表していたけれども、具体的にビジネスモデルの手法については明示していなかったそうです。

 

そのTwitterがやっと「Promoted Tweets」と言う広告プログラムのビジネスモデルを行うと言う事を発表したのです。このビジネスモデルは商用ユーザーが料金をソーシャルメディア会社に支払う事で、Twitter上の上部に広告目的としてのつぶやきを載せる事が出来る。それも目立つ様に載せる事が出来ると言う物なのです。Twitter側はこれは今までのディスプレイ広告と比べて、混乱させない広告手法だとしている様す。広告リンクの様ですので明確にしやすいと言うメリットが有るのかもしれませんね。

 

Twitterでこの「Promoted Tweets」と言うビジネスモデルを発表した経緯には、今までのWeb広告モデルを導入するにはどうしても抵抗が有ったと言う事を発表しています。何故抵抗があったかと言うと、利益を得ると言う目的の前にTwitterを利用する価値を最大限に高めておきたかったからだと言う理由があるそうです。