ビジネスモデル

ビジネスモデルの種類【ニッチ・アウトソーシング、ファイアウォール】

【ニッチ・アウトソーシングモデル】
隙間産業と言う言葉が有りますよね。簡単に行ってしまうとこう言うビジネスモデルなのですが、大企業がやるにはお金がかかり過ぎてしまうが、大企業も気が使い様なビジネスの隙間を見つけて行うビジネスモデルになります。こうしたビジネスは大企業にとってはコストがかかりますので、アウトソーシングと呼ばれる外部委託される事が多いです。こうしたビジネスモデルを利用するメリットとしては、一度そうした大企業の下請け的存在になると、継続的に利益を生む事が出来ると言うメリットが挙げられます。但し委託されている企業が1つだけの場合は、その企業に依存する形になってしまいますので、そこの経営不振に伴い自分達も経営不振に陥る可能性が有ると言うデメリットもあるので注意が必要になります。

 

【ファイアウォールモデル】
参入障壁と言う強い壁に守られている企業で、これにより高い利益を挙げる事が出来るビジネスモデルになります。こうしたビジネスモデルが展開されている物には、電力会社、鉄道会社、放送局等が挙げられています。この業界に参入する為には色んな障壁が有ります。法律やその規模がその大きな障壁となるでしょう。ですから競合されにくいので利益を確保しやすいと言うメリットが有るのです。しかし参入も競合と言う形ではなくて違う形で参入される事も考慮しなければなりません。電力会社の場合、風力、太陽光、水力、地熱と言った物が競合と言えるかもしれません。