ビジネスモデル

ビジネスモデルって何の事でしょうか?

各企業がそれぞれ行っている事業活動や今後事業活動の構想を練る時に表現されるモデルの事をビジネスモデルと言っています。

 

簡単にビジネスモデルの事を言うと「儲けを生み出す為に行うビジネス上の仕組み」と言う事になるそうです。このビジネスモデルには要素が3つ有ります。

 

「顧客」「価値」「経営資源」と言う物です。「経営資源」に関してはチャネルやノウハウ等の事を指しているそうです。

 

こうした事を受けてビジネスのデザインに対しての設計思想をビジネスモデルとして挙げてみると、「どの顧客層に対してどんな価値が有るものを提供していくのか」「自社が保有している経営資源をどの様に組み合わせるのか」「どういう経営資源を調達してくるのか」「顧客やパートナーとはどういう視点でコミュニケーションを図ろうと考えるのか」「どういう流通経路で、どの位の価格設定で顧客に提供していくのか」等々挙げられます。

 

現在の日本ではビジネスモデルとインターネットの関連付けがされています。何故ならインターネットはビジネスモデルの可能性を革新的に広げた立役者だからです。

 

そして構築したビジネスモデルがとても素晴らしい場合、ビジネスモデル特許と言う知的財産として扱われる事が出来るそうです。

 

本来、ビジネスの方法に直接特許を取得させると言う事は日本では出来ないのですが、インターネットまたはコンピュータを用いたビジネス手法であれば今の日本でも特許対象となるとされているそうです。