ビジネスモデル

ビジネスモデルの種類【業界標準、取引大規模】

どんな種類がビジネスモデルには有るのでしょうか?少しでも分かるとビジネスモデルについてもちょっと理解が出来るかもしれませんので、どんなビジネスモデルが有るかいくつか挙げてみたいと思います。

 

【業界標準モデル】
各業界で基準となる標準を作り出します。その標準を基にして利益を継続的に出す事が出来るビジネスモデルとなります。標準化を決めるまでには相当の戦略と資金を要する事になります。しかし標準化になってしまえばその商品を消費者は使うしかなくなってしまう為に、利益に繋がりやすいと言うメリットがあるそうです。例を挙げて言いますと今のブルーレイディスクも標準化として決められてそれに付随する商品がたくさん出される様になりましたよね。パソコンのOSも現在はマイクロソフトのWindowsを中心として日本では標準化されています。

 

【取引大規模モデル】
大規模なチャネルをバックに持つ事によって、交渉力が捗り、効率性を挙げる事が出来るビジネスモデルとなっています。とても大きな規模になりますので、そこに至るトップシェア率を獲得する為にはかなり時間がかかる様な予測がされます。例えばスーパーで言うとイオン、コンビニで言うとセブンイレブンと言った様な大規模なチャネルです。各業界でシェア率が高いチャネルですよね。これらは規模が大きい為に交渉するのも比較的楽ですし、販売もしやすくなっています。ただしこのモデルを使う為には信頼関係を必要とします。