コーチング

コーチングの由来について

どういうルートから「コーチング」と言うのが出てきたのでしょうか?その由来や語源を少し挙げてみたいと思います。ガリレオ・ガリレイと言う人がいたのをご存知でしょうか?ガリレオは「人には教える事が出来ないが、その人が悟れる様にサポートしてあげる事は出来る」と言っていたそうです。こうした考えはコーチングその物の考えと言って良いと思います。

 

つまり1500年代には既にコーチングの考えは存在していた事になるのです。そしてコーチングをする人の事を「コーチ」と呼んでいますが、コーチと言う英語が使われる様になったのは16世紀の事だったそうで、その時コーチは「馬車」と言う意味を持っていたそうです。馬車は人を目的地まで運んでくれると言う意味が有りますので、コーチングに関しても目的を達成させる為に考えを引き出せる様に手助けしてくれると言う意味が有りますから同じ様な意味と言う事になり、それが語源となったともいわれています。

 

そしてコーチは1840年代になって受験指導をする為の個人教師と言う意味合いを持って使われ始めてきたのです。家庭教師はマンツーマンで指導しますよね。個人の能力に合わせて指導できると言う意味と、馬車で目的地まで連れていってくれると言う意味に例えた所に由来している様なのです。

 

そして経営関連用語として1950年代にはコーチと言う言葉が登場する様になったそうです。このコーチングに関する出版物は1980年代にグッと多くなったそうなのですが、そうなった背景にはアメリカ経済の不況と言う当時のアメリカの様子が深く影響していたみたいです。