コーチング

コーチングの種類について

応用出来る範囲が違う事から「ビジネスコーチング」「パーソナルコーチング」の二つの種類にコーチングは分類されていると思います。

 

【ビジネスコーチング】
人材育成マネジメントの一環で、企業や組織においてその中にいる個人が本来持っているであろう能力や秘められた可能性を最大限発揮させる物として位置付けられている物になります。このときにコーチングする人は企業の管理や監督をしている立場の人になります。そしてコーチングされる人は部下や後輩と言った立場の場合が多いです。また外部の人間が企業の人を相手にコーチングする事も有ります。

 

【パーソナルコーチング】
個人が掲げている目標を達成させる為に、個人が自発的に行動出来る様に促し、達成に導いていける様に、日常生活の色んな場面でコーチングを取り入れていく事が望ましいと考えられています。そしてその目標を達成し、人生が充実して暮らしていける様にコーチングしてもらうと言う訳です。こうした動きは日本ではまだ馴染みが有りませんが、欧米では既に一般化されていると言います。テーマとして取り上げていくのは様々な事で、大抵は家庭内や恋愛、人間関係等、ごくプライベートな事が多いです。コーチングしてくれる方はコーチングスキルさえあればプロでもそうじゃなくてもどちらでも構わないと思います。そしてコーチングは単に教えてもらうだけでなくコミュニケーション手法になっていますので、会話が成り立つ場であれば何にでも応用が可能だと思います。こうした事からも、コーチングの需要は今後高まっていくのではないかと感じるのです。