コーチング

コーチングの歴史

1500年代、「コーチ」と言う言葉が誕生しました。そのことばが使われる分野はその後広がっていき、スポーツの世界やマネジメントの世界へと広がっていったのです。そしてアメリカで1990年代に相次いでコーチの養成機関が設立されていき、その役割や意味が世界中に広まって認められる様になっていきました。それがコーチングの簡単な歴史になります。

 

もうちょっと詳しく見ていくと、コーチの語源は元々「馬車」と言う意味だったそうで、大切なその人の望む場所へ送り届けてあげると言う意味が産まれたのだそうです。そして学生を指導する個人教師の事を1840年代からは「コーチ」として呼ばれる様になっていきました。その後1880年代にスポーツ分野で指導者の事を「コーチ」として呼ばれる様にもなっていきました。

 

そして今で言うコーチングの意味的なマネジメント分野で使われる様になったのは、1950年代と言う事で、ハーバード大学助教授であったマイルズ・メイスは自身の著書で「人間を中心としたマネジメントをする上で、コーチングはとても大切なスキルである」と言う様にも記述していたそうです。

 

その後色んな人がコーチングに関する出版物を発行する様になったり、セミナーが開催される様になっていきました。そしてアメリカにおいてコーチの養成機関が1990年代頃から次々と設立されていったのです。これをきっかけにして多くのビジネスシーンにおいてコーチは大活躍してきて、コーチングと言う技術に注目が集まる様になっていったのです。