コーチング

コーチングとティーチングの違い

現在、従来有った強制型コミュニケーションと言うやり方から、共生型コミュニケーションへと移行しつつ有ります。つまりティーチングからコーチングへとコミュニケーション方法が変わってきた事の現れだと思うのです。今までは「知識」「情報」「答え」を持っている人が指示命令を与えて、持たない人に強制的にやらせるティーチングと言う方法で社会も家庭もコミュニケーションが行われてきました。

 

それが「知識」「情報」「答え」を持っているであろう第一線の人を大切にしていくと言う事で、質問して答えを引き出して行こうと言うコーチングと言う手法に変わってきたのです。ティーチングとは、知っている人が知らない人に対して答えを渡して手助けしたり、知っている人が知らない人に対して指導したり管理監督をしていく事を指しています。

 

対してコーチングは、個人に合った形でコーチがサポートをしていき、相手の気持ちに沿って質問をして言ってその中に眠っている情報や答えを引き出してあげ、上司が部下を支援すると言う形を取っています。現在は色んな情報が行き交う情報化社会になり、コミュニケーションの取り方や育て方も変わってきています。

 

そんな中、個人を伸ばす方法としてコーチングと言う手法に注目を集めているのです。もちろんティーチングも必要だとは思いますが、用途に合わせてコーチングとティーチングを使い分けていく事が大切なのではないかと思うのです。その為には上司や親がコーチングスキルを身につけなくてはならないと思うのです。