コーチング

コーチングにとって大切な事

クライアントは必ず「やり遂げてくれる」「考え付いてくれる」と言う事を信じて行う行為をコーチングと言います。コーチはクライアントが秘めているであろう無限の可能性を信じてサポートしていかなくてはなりません。そこでコーチングにとって大切な事を挙げてみたいと思います。

 

先ずは「答えはクライアント自身の中に有る」と言う事です。この場合、答えはクライアント自身が持っているのにクライアント自身がそれに気が付いていない場合が多いのです。この時コーチングをするコーチはクライアントを信じ、答えを教えない様に引き出して挙げられる様に自分を信じてコーチングしていく事が大切となります。

 

次に「クライアントには答えを出せる能力が備わっている」と言う事です。クライアントは必ず出来るし、答えを出せる能力もあると言う事を信じてあげなくてはいけません。出来ないからと言ってコーチが自分で答えを出していってはいけません。クライアントが答えを出せないのはクライアントの能力が無いのではなく、コーチングの仕方が悪いのだと認識しましょう。

 

次に「答えを早く見つけ出せる為にサポートしてあげる事」と言う事です。この場合、コーチとしてクライアントに全力を出してサポートしてあげる必要が有ります。コーチのサポート力が良いと、クライアントも答えを早く引き出せる様になります。効率が悪いからとサポートを諦めない様に、無理やりクライアントをジブラルタルのペースに巻き込んで引っ張っていかない様に注意しましょう。