コーチング

どんなコーチを選んだら良いのでしょうか?

どんなコーチを選んだら良いか悩んでいる人も多いのではないでしょうか?コーチングはコーチにしてもらいますが、そのコーチを選ぶ為に必要だと思うポイントがいくつか有りますので参考にしていただけると良いでしょう。

 

【コーチングスキルをどんな教育機関で学んできたのか】
コーチと言うのは国家資格を必要とする物では有りません。極端な事を言うと「自分はコーチです」と言えば誰でもコーチになる事が出来るのです。しかしコーチとしてクライアントに対してコーチングをし、お金を頂くのであれば、やはりたくさんのコーチングスキルを学んで習得し、基本的なコーチングフローに沿いながらコーチングを進めていく必要が有るのです。

 

たくさんコーチングに関する本も出版されていますので特別な学校にいかなくても独学でコーチングスキルを学ぶ事が出来ますが、やはりある程度のスキル止まりで限界が有ると思います。それに独学だと思い込みを直してもらえませんので間違った解釈のまま、それをコーチングスキルとして披露する事にもなりかねないのです。またコーチングを学べる学校も今はたくさんあり、1日だけと言う物から数年要する物まで教育機関だけでも様々有ります。

 

国家資格ではない以上、資格の有無はあまり重要視しなくても良いでしょうし、教育機関単位で資格を与える基準も違いますのであまり目安にはならないと思いますが、どんな勉強をしてきたのか、どんな教育機関にいたのか、その教育機関ではどんなプログラムでコーチングスキルを学ばせているのか、コーチを選ぶ際にはこうした事を基準として考えてみるのも良いと思いますよ。

 

 

 

あなたがコーチングをしてもらいたい場合、コーチングをしてくれるコーチを選ぶ事から始まります。ではそのコーチを選ぶ基準は何なのでしょうか?いくつかポイントを挙げて見たいと思いますので参考にしてみてください。

 

【現時点でのコーチング勉強状況を見てみる】
あなたは何かの資格や技術を持っているでしょうか?いくら資格や技術を持っていたとしても使っていなければその知識や技術は落ちてきてしまうと思うのです。コーチングも同じ事で、コーチングの勉強を続けていたり使用したりしていなければコーチング力は衰えてきてしまうのです。コーチングを実際にする事で新たに勉強する事と言うのもたくさん有りますし、常に学んでいきたいと言う心構えが無ければコーチとしてのレベルを上げていく事が出来ないのです。ですからコーチを選ぶ際には今もコーチングの勉強をしているか、向上心がある人なのか、そこが選ぶポイントとなると思います。

 

【コーチを付けているコーチ】
いくらコーチでも一人でやっていると自分の考えに凝り固まってしまう様になります。誰かからアドバイスや意見をもらわなければ自分の考えが例え間違っていても気が付かないと思います。スポーツ選手を例に挙げると、コーチを付けて自分が気が付かないフォームの悪さや癖なんかを指摘して直していってくれます。コーチに関してもオナジデ、コーチが別のコーチのコーチングを受ける事で、クライアントの立場に立てたり、自分の考え方が合っているか確認が出来るのです。