コーチング

どんな人にコーチングは必要なのでしょうか?

せっかくコーチングスキルを身に付けてもそれを活かさなければ何の意味もありませんよね。コーチングは全ての人に機能しないとも言われていますが、実際にコーチングはどんな人に使えば良いのでしょうか?例をいくつか挙げて見たいと思います。

 

・自分自身を大切にしたいと感じている人
・自分らしく生きていきたいと感じている人
・もっと自分自身のレベルを上げたいと向上心を持っている人
・自分自身に満足をして自信を持ちたいと感じている人
・毎日の生活に充実感を持ちたいと感じている人
・今の素直な自分に対して合格点を上げたいと感じている人
・自分は何が出来るのか自分が誰かに自信を持って言える強みに何が有るのか知りたいと感じている人
・自分が将来どうしたいか夢を探したいと感じている人
・自分が描いている夢を叶えたいと思っている人
・今の自分自身を変えたいと思っている人
・自分磨きをしたいと思っている人
・自分にはどんなミッションが人生の中で待っているのか知りたいと感じている人
・自分のこれからの人生をもっと良くしていきたいと思っている人
・自分に秘められている魅力を見つけて花を開かせたいと思っている人
・周りの人達とより良い関係を築いていきたいと思っている人
・大事に思っている人との関係を良くしていきたいと思っている人
・コーチングと言うのが知りたいからクライアント体験をしてみたいと思っている人

 

たくさん挙げましたが、上記の様な方達にコーチングは機能すると言われています。コーチングと言うのは、一度しかない人生を良いものにしたいと思っている人達にとても有効的な物だと思ってくれれば良いでしょう。