コーチング

コーチングをしてみよう【自分の気持ちを話しましょう】

「自分の気持ちを話してみる」と言うコーチング方法が有ります。部下に質問をしてもあまり答えてくれない、部下とのコミュニケーションを図って良い関係を築きたい、部下となんだか上手くいかないと言う様な時に使ってみると良いコーチング方法になります。もし部下など、人を育成してみたいと思うのであれば育成よりも先ず自分が相手から信頼される人間である必要が有ります。

 

その時に重要なポイントとなるのが、相手にきちんと自分の考えている事、気持ちを伝えていくと言う事になります。もちろんそれだけで相手があなたの事を信頼するかどうかは分かりませんが、気持ちを見せない人に自分の気持ちを見せたいと思う人がいるでしょうか?会社の上司の場合、部下に弱みを見せたくないと思うかもしれませんが、相手に対して自分の考えを素直に話せる様になるには相手の気持ちに触れた時だと思ってくれて良いと思うのです。

 

そうすると警戒心が無くなって信頼する様になってくると思います。誰かと話をして相手の話をする際、自分がどんな風に思っているのかちょっと意識して見て下さい。そこに何かしらの反応があるなと感じたらその事を素直に相手に話してみましょう。そして伝えてみましょう。

 

そうする事で相手は予想以上に反応して話をしてくれる様になると思います。ですから自分の気持ちを話してみると言うコーチング方法はとても有効的なコーチング方法ですから、是非コーチングをしたいと思っているのであれば試してみると良いと思いますよ。