コーチング

コーチングをしてみよう【「何故」じゃなく「何」と聞く】

「“何故”じゃなくて“何”と聞く」と言うコーチング方法が有ります。会社の場合、部下が目標をなかなか達成してくれなかったり、聞いているのにあまり意見や話をしてくれなかったりする時に有効的なコーチング方法になります。何かしら仕事でもプライベートでも問題が起こった時、その問題が起こった理由は何だろうと言う事をはっきりさせる為に「何故」と言う質問をしてしまうと思います。

 

例えばある提出物を明日までに作ってもらって出来なかった場合、「何故出来なかったんだ」と質問してしまう事が多いと思います。そんな質問をあなたが実際にされたらどんな反応をすると思うでしょうか?それが分からないから何も答えられないと言うのが現実ではないでしょうか?コーチング方法を取り入れる場合は「何故」じゃなくて「何」で質問するのが有効的だと書きました。

 

「何故出来なかったんだ」じゃなく「出来なかったのは何が原因だと思うんた」と言う様な聞き方をすると言う事です。「何故」と言われると何となく悪い事をしている様な気分に人はなって、それ以上攻撃をして欲しくないので黙ってしまうと思うのです。「何」と聞くと一緒にその原因を探ってくれる様な感じがして、話しやすくなると思うのです。

 

責めるのではなくてその原因を一緒に探って取り除いてあげる事が大切なのです。「何故」じゃなくて「何」を質問するだけで、部下は現実を客観的に捉えやすくなり、その理由を考えてみようと言う気になると思いますので是非試してみてください。