コーチング

コーチングの3原則

「インタラクティブ」双方向コミュニケーション
「オンゴーイング」継続的コミュニケーション
「テーラーメイド」相手に合わせたコミュニケーション
上記3つが基本的なコーチング3原則と言われています。このスキルを前提としてコーチングの会話技術は成り立っているのです。

 

【インタラクティブ】
私達が行っているコミュニケーションは双方向の様で実は必ずしも双方向であるとは限りません。上司が部下に、親が子供に一方的に指示を与えている事が有るのです。相手が話した事を聞いて、自分がそれについて考えて話す。それが双方向コミュニケーションとなるのです。

 

【オンゴーイング】
相手が自発的に行動を起こしたり、行動を変えてあげる事がコーチングでは大切になります。一度話して終わりと言うのではなく、相手が行動を考えていくまで、継続的にフォローし続けよう事が継続的コミュニケーションなのです。同じ話題について話続けると言う事はとても難しい事ですが、コーチとしては相手の状況を根気よく聞き続けていく努力が必要になるのです。

 

【テーラーメイド】
「人は一人一人違うのです」と言う事は誰でも頭では分かっている事だと思います。しかし誰かとコミュニケーションを取る時、この事を意識している人は少ないと思います。自分がこう思うんだから相手もそう思うはずと勝手に思い込んでしまう場合が多いのです。しかし相手の受け取り方はまちまちなんだ、一人一人対応は違うんだと言う事を認識してメッセージを伝えていく事もコーチングにおいては必要な事なのです。