ECサイトとは?

ECサイトとは?

ECサイトと言う言葉はよく聞くかもしれませんが、定義としては企業が自社商品を販売しているサイトのことです。わかりやすく言えば通販サイトのことですね。

 

電子商取引を英語で略すとECとなるのです。さて、ECサイトを構築している企業では販売量を上げることが一番の課題です。

 

そのためにはECサイトへの集客を増やすことから始めなければなりません。そのためのテクニックやノウハウが重要となるのです。

 

新聞広告やチラシによる集客の方法とは異なり、IT技術を活用した手法です。一般的な営業とは異なりますから、そのための専門家が登場するのです。

 

ECサイトの役割は直接的な商品の販売に限ったことではありません。インターネット上の営業窓口として利用される場合も多いようです。

 

例えば旅行会社やバス会社などへの問い合わせや予約手続きなどは、インターネットがない時代は窓口まで出向くか、電話をかけるしかありませんでした。

 

現代はインターネットを使うことで、いつでも対応することができるようになったのです。このECサイトは物理的なスペースや人件費を省く手段として、画期的なものです。

 

極端な例を挙げれば、社員一人だけでお客様対応は何でもできるのです。現代においての営業戦略はECサイトの存在なしには考えられません。

 

昔から営業で他社と張り合うのは難しくなってきているのです。もちろん、他社にはない特徴を持っている場合には、その魅力が集客力を高めてくれます。

 

ECサイトに力を入れるよりも、消費者にとって魅力的な会社であることの方が大事なのです。

 

 

【年商7億円!顧客密着型ネットショップ 「挨拶状.com」の秘密とは?】