ECサイトと営業戦略

ECサイトと営業戦略

企業活動においてはどのように売り上げを伸ばしていくかを考えることが大切です。大なり小なり、どの企業でも営業戦略を考えているのです。

 

企業の窓口とも言えるECサイトは営業戦略を実現するための手段と考えることができます。どのような方法で集客を増やしていくかを考えることがECサイトの営業戦略と言えます。

 

ビジネスの中にはインターネットを使わなくても営業できるものもありますが、インターネットを使うこと更なる集客効果が期待できるものがあるのです。

 

それらの見極めをしておくことが大切です。やたらと集客に固執するのは的外れになっている場合もあるのです。ECサイト構築は自社にとってどのような営業戦略に基づいているのかを明確にしましょう。

 

他社のまねをして、何となく構築するくらいならば何もしない方がいいでしょう。消費者にとってホームページは企業の情報を得るための重要な手段です。

 

求める情報がなければ、その失望感は大きいのです。もちろん、幅広い消費者を集客することが一番ですが、ターゲットを絞り込むやり方も有効です。

 

あなたの会社の商品を誰でもが求めているわけではないからです。極端な例では女性用の商品は男性が求めるものではないのです。

 

それならば女性が見ることを前提としたECサイトを構築すればいいのです。これは経営者が営業戦略をどのように考えているかにかかっています。

 

ECサイトの効果はすぐに表れますし、負の効果も同じことです。サイトの構築は慎重かつ大胆にすることですね。

 

 

【年商7億円!顧客密着型ネットショップ 「挨拶状.com」の秘密とは?】