ECサイトとビジネス

ECサイトとビジネス

ECサイトを活用したビジネスが日本で広がったのは平成12年ごろからだと言われています。それまではインターネットが一般的ではなく、ECサイトでの集客が行えるような環境が整っていなかったのです。

 

現代のようにECサイトとそこへの集客を高めることがビジネスモデルとして当然のことと考えられるようになったのは最近のことなのです。

 

平成13年にECサイトにおけるビジネスの状況をまとめた資料がありますが、それを見てみると、集客率の高いサイトが売り上げも高いということが明白になっています。

 

これは現実の店舗と売り上げを考えてみれば、当然のことでしょう。人が多く集まるところが繁盛するのです。しかし、ビジネスはそれだけではありません。

 

人が多く集まっても、売り上げに結びつかないケースもありますし、少ないお客を確実に取り込むと言う方法もあるからです。

 

ECサイトのコンサルタントを行うような企業では、いかにして集客を実現するかに力を注ぐ傾向があります。ECサイトを構築すること自体は企業ではない個人でも可能です。

 

日本中の消費者を相手にすることもできるのです。営業の幅が広がったと言えます。これまでの対面販売を主体としてきた商売はECサイトの普及によって、大きく変わってきています。

 

その中での成功例、失敗例を知ることは大切です。通販サイトで購入される商品の金額がいくらくらいなのかを知ることで、自分が販売しようとする商品が売れるかどうか判断できます。

 

やみくもにECサイトを立ち上げて、SEOやメルマガをやるだけでは効果的なビジネスとは言えないのです。

 

 

【年商7億円!顧客密着型ネットショップ 「挨拶状.com」の秘密とは?】