ECサイトと消費者

ECサイトと消費者

ECサイトの広がりを受けて、消費者の購買行動に変化が表れているそうです。ある調査による消費者行動を紹介しましょう。

 

ECサイトを立ち上げる時にどのような集客方法をすればよいのか悩んでいるオーナーは多いようですが、このような調査によって消費者のことを知ることで、集客向上へのヒントを得ることができるのではないでしょうか?

 

まず、ECサイトと実店舗で購入品をどのように区分けしているのでしょうか?金融商品や化粧品、家電商品などがECサイトでの購入が目立っています。

 

おおよそ半数がECサイトでの購入となっています。もちろん、すべての消費者が同じ行動を取っているわけではありませんが、実店舗に行っても客がまばらと言うところもたくさんあります。

 

ECサイトの影響を強く受けていることは間違いありませんね。それから、ECサイトの特徴である口コミなどの活用は大半の人が積極的に行っています。

 

インターネット上の情報で購入前の検討を行っているのです。この口コミ情報の信頼性は記述した個人の感想ですから、参考意見として受け取ればいいのです。

 

しかし、世相を反映しているためでしょうが、若者はこの口コミ情報に強く影響されます。それは友達がいいと言っているものは自分もいいと感じてしまうようなものですね。

 

年配者の場合は口コミ情報を見ても、自分の考えで購入を決める傾向にあるのです。これはおもしろい結果ですね。

 

ECサイトはそれだけで完結している世界のようですが、通常の社会現象を映す鏡なのです。あなたも集客を考える時に消費者がどう感じているかを知って対策を立てましょう。

 

 

【年商7億円!顧客密着型ネットショップ 「挨拶状.com」の秘密とは?】