ECサイトとアフィリエイト

ECサイトとアフィリエイト

ECサイト構築で集客効果を高める手法としてアフィリエイトが一般的です。このアフィリエイトの仕組みとメリットを紹介しましょう。

 

ECサイトではサイト内を充実させるだけでは集客は見込めません。そのために消費者の誘導が必要となるのです。他のサイトを見ていて、そこにリンクがあれば目的のECサイトにジャンプさせることができるのです。

 

ECサイトへのリンクを張る仕組みをアフィリエイトと言います。アフィリエイトをする人にはECサイトから報酬がもらえます。つまり宣伝料ですね。

 

ECサイトが商品販売の手段として注目されるようになったのはアフィリエイトの仕組みが確立したからかもしれません。インターネットの世界は広大ですから、道標なしでは必要な情報を見つける手段がありません。

 

その標となるものが検索サイトであり、検索サイトで上位に表示される手段がSEOと呼ばれるものです。SEOだけでは十分な集客効果を得られませんから、アフィリエイトが必要になるのです。

 

しかし、アフィリエイトが一般の人に知られているのは、副業としての収入源となるからです。ECサイトは宣伝料をアフィリエイトの報酬として支払いますが、相手は企業である必要はありません。

 

個人がアフィリエイトで稼いでいる例はたくさんあるのです。

 

もちろん、誰でもが高額な収入を得られるわけではありませんが、ネットで調べてみると、すぐにでも高収入になるかのような広告をたくさん目にします。

 

ECサイトとアフィリエイトは、本来の目的と別の意味でお金を儲ける手段となっているのです。

 

 

【年商7億円!顧客密着型ネットショップ 「挨拶状.com」の秘密とは?】