ランチェスチャー経営

ランチェスター戦略についての理論

ランチェスター戦略はランチェスター経営をするにあたって欠かせない物になります。ランチェスター経営の戦略とは、第一法則として弱者の戦略、第二法則として強者の戦略が有ります。強者と言うのはランチェスター経営においては市場地位が1位である企業の事を指し、それ以外、例えばいくら地位が高くても2位止まりであっても弱者であるとしています。市場地位と言うのは企業の大きさや規模で決まる物ではありません。

 

地域単位、商品単位、流通単位、顧客単位として捉えていくので市場によっては地位が入れ替わる事もあるのです。強者と弱者の市場における戦い方は全然違います。強者は同質化と言う戦略を取り、弱者は差別化をすると言う戦略を取ります。次にマーケットシェアに関する理論ですが、マーケットシェアにおいて市場地位は確立します。ランチェスター経営を考えた田岡先生は何パーセントシェアを取れば良いのかと言う値を導き出しています。自分の市場地位がどれ位なのか、シェア率はどの位なのか、どの時期にどれ位シェアを伸ばせるのか、目標設定として活用して行く事になります。そしてその目標設定は2位を大きく引き離した1位になる事にあるのです。

 

これはランチェスター戦略におけるナンバーワン主義と言うルールになります。弱者は事業を細分化して勝ちやすい分野で設定して一点集中主義と言うルールを適用します。最後のルールとしては足下の敵(そっかのてき)と言う攻撃をする事です。自分達の企業が1位になる為には今いる地位より直ぐ下の地位にいる企業の売り上げを奪う事にあります。これにより自分達は上がり、直ぐ下の企業は大きく引き離される事になります。