ランチェスチャー経営

市場チャンスは逃さない様にしましょう

ランチェスターの法則を使ってランチェスター経営戦略を考える際は、自社が弱者なのか強者なのかを見極める事がとても重要です。この見極めにはポイントが有るのですが、これを誤ったのがジャック・ウェルチと言う人になります。GEをさる際、全ての事業に対してナンバーワンか、ナンバーツーになる様に指示していたと言います。これは間違いだったと行っている様です。何故ならこう言った事に対して、GEの幹部等はこれを達成するのに必死になり、市場を狭い範囲で定義付けする様になったのです。

 

その結果GEは色んなチャンスを失う事になり成長できなくなってしまったのです。ナンバーワンになる為に市場を細分化してターゲットを絞り込む事で、その市場を集中的に攻略出来るので成功する確率が高まってくる様になります。しかしその地位を守り抜く為に策定する戦略と言うのは、勝てるかもしれない市場チャンスを逃す事にもなるのです。こうした新市場において進出する時点では強者になれる力が無いとしても、実際に経営をしていく上で実力が付いてきて強者になれる事も少なくはないのです。

 

ですから常にナンバーワン、ナンバーツーの位置でランチェスター経営をしていく事を望んでいるのならば、市場を狭めてしまうのでチャンス自体を取り逃してしまう事になるのです。やはり常に強者でいる為には、こうした機会や成長するチャンスを逃さないでいる事、ランチェスター経営戦略も短期的な事ではなくて長期的な物として見極める事、これが大切なのです。