ランチェスチャー経営

ランチェスター法則をインターネット上で利用する

インターネットは今や私達の生活には欠かせない物になってしまいました。そんなインターネット上でもランチェスター経営は成り立つのでしょうか?ランチェスター経営を成り立たせるにはランチェスター法則を使いますが、弱者の戦略でも強者の戦略でもインターネットは使えます。でもいくらインターネットでもどちらの戦略も同時に使う事は出来ません。でも確率戦、遠隔線を経てから一騎打ち法則、接近戦に移行する様にしていくと良いと思うのです。例えばメルマガですね。

 

メルマガを発行して、その中で連載コラム等も載せておきます。それに読者が問い合わせをしてきたり、意見をしてきたりしたらそれを情報として集めていきます。それに対して個別の対応をしても良いでしょう。これによりロイヤリティを高めて行く事が可能になります。もちろん市場の弱者強者と言った関係性だって関係は多少は有ります。しかしその関係性以上にSEO的観点で言う弱者強者の関係性が強いと言う様なのです。

 

ターゲットとしようとしているユーザーが何に興味を持っているのか、何に関心が有るのか、そうした事を把握して検索エンジン対策をしていくのです。そうする事でSEO対策が出来る様になり、インターネット上のショップでもランチェスター経営戦略が出来る様になってきます。そしてインターネット上で強者と言う地位を確立して行く様にすればいいのですね。弱者の場合もこの手で一騎打ち戦まで持っていける様にすればいいのですよね。