ランチェスチャー経営

ランチェスター経営戦略を簡単に言うと

弱者と強者の戦略から導き出される結論は7つ有ると言われています。これがランチェスター経営戦略に関係している様です。先ず結論としては、敵と味方の兵力数の関係で勝負は決まると言う事、兵力数と武器の性能によって戦闘力が決まると言う事、常に強者は弱者に対して有利な立場にいると言う事、ランチェスター経営戦略には強者と弱者の両方の戦略が有り、この2つは根本的に違う物だと言う事です。敵と差別化を図る事で勝敗が決まると言う事です。一点集中攻撃はとても大きな結果を生み出すと言う事、局地戦と確率戦を上手く使い分けて実践して行くと言う事が必要となります。こうした事が結論として導きだされるそうです。では結論を導き出す元となった2つの戦略をご紹介しましょう。

 

弱者の戦略についてですが5つの原則が有ります。狭い範囲で局地戦をすると言う原則、一騎打ちになる様に持ち込む原則、接近戦を展開する原則、一点集中攻撃をかける原則、陽動作戦をして相手を惑わせる原則が有ります。強者の戦略についてですが5つの基本原則が有ります。広域的な範囲で総合戦を展開して敵が視界に入らない様にする原則、確率線を限界して集団型の戦闘方式を取る原則、商品量も兵力数も多数用意して短期決戦を仕掛けると言う原則、誘導作戦を取って敵を分散させると言う原則が有ります。ランチェスターは戦争から色んな事を調べて戦略法則を見出し、後に別の人が販売においての戦略に置き換えたのです。