ランチェスチャー経営

基本的なランチェスター法則【ナンバーワン主義】

その業界内においてナンバーワンのシェア率を誇っていたとしても、1位と2位の差がそんなに差がないのであれば、いつ地位が逆転するか分かりませんので、それは真のナンバーワンでは有りませんよね。ランチェスター法則に則ってランチェスター経営戦略をしている企業はたくさん有ると思います。そこでランチェスター法則の「ナンバーワン主義」について説明してみましょう。

 

ランチェスター経営戦略においてのナンバーワン主義とは、2位以下を大きく引き離した、射程距離範囲外まで引き離している状態で1位になっている事を指します。ではどんなナンバーワンの種類が有るのでしょうか?「商品」「地域」「顧客の層」「得意先」「代理店」と言う様になっているそうです。では弱者の戦略としてナンバーワンを目指すのであればどうすればいいのでしょうか?先ずはどこで活動するのか地域を限定します。そして得意先を作ります。

 

そしてナンバーワンの顧客層とそれに適用する地区を増やしていきます。そうする事で全体的にナンバーワンになっていくと言うのです。次に強者の戦略としてナンバーワンを目指すのであればどうすれば良いのでしょうか?ナンバーワンになれる商品を作る、そして取り扱っている商品でナンバーワンになる。そしれそれを扱っているメーカーはナンバーワン代理店となると言う流れになります。弱者に関しては何でも良いですので1つナンバーワンを作ってください。そしてナンバーワンになったらそれを体力付けとしてから次を目指していきましょう。