ランチェスチャー経営

弱者の法則【接近戦】

【接近戦】
ランチェスター経営戦略において、接近戦と言う法則が有ります。これは弱者の戦い方で顧客と接近して戦うと言う方法で、これが接近すればするほど強者は力を発揮しにくくなると言う事なのです。ランチェスター経営戦略だけじゃなくビジネスに関しては顧客に接近している所の方が有利と言われているのです。どうやって接近戦を演じたら良いのかと言うと、方法は4つ有ると言われています。
先ずは「直接販売方式」と言う方法です。弱者は大手の様に代理店方式ではなくて直接営業マンを入れて顧客と対する方が距離は縮まりますよね。でも弱者は知名度が無いし会社の信用度も低い為、簡単に出来る事ではないと言われています。次は「川下作戦」と言う方法です。間接販売で今まで行ってきた弱者の会社が直接販売をする様になるには色々な折り合いが有って簡単では有りません。ですから今までの直接販売もそのまま継続させて訪問活動と言う意味合いで顧客(川下)を回る様にすると言う方法です。それも地域や対象顧客を絞るのが有効的でしょう。次は地元を固めると言う方法です。地元と言うのは営業所等小さい規模での周辺の事を指しています。弱者は弱者として地域密着型の知名度や口コミを活かす様にすれば良いですよね。最後の接近戦は「スキンシップ」と言う方法です。所謂弱者自身のファンを作る様に顧客との密接な関係を作り上げていくと言う方法になります。これは顧客獲得のチャンスでもありますので、強者にはなかなか出来ない武器となると思います。