ランチェスチャー経営

弱者の法則【一点集中主義】

【一点集中主義】
ランチェスター経営戦略において、一点集中主義と言う法則が有ります。弱者が戦う際にはただでさえ少ない力を分散させてしまっては、今の現状を打開する事は難しいでしょう。力が少ないのであればその力を集結させて一点に集中して攻撃をかける事が必要になります。局地戦では色々細分化しましたが、そこから重点とする物を決めてそこに向けて一点集中すると言う事が必要となり、ランチェスター経営戦略に関しては市場規模や、競合状況や将来性等を踏まえて考える必要があるのです。
一般的な戦略を取る場合は市場規模や成長性と言う所を重視していくと思うのですが、大きい市場で有ればどうしても激戦になってしまい弱者がいくら一点集中した所でも勝つ事は難しいと思うのです。一点集中をすると言う事は、弱者が強者になると言う事なのです。ですからどの分野でナンバーワンになれるのか、強者になれるのかを見極める事が必要になるのです。そしてその市場が小さくても構わないので、ナンバーワンを目指していきましょう。何処も介入していない分野で有れば相対的になり、逆転しやすい状態になりナンバーワンになりやすいのです。
強者の資格になりやすい所を拠点として地域の一点集中主義をしても良いでしょう。またキャンペーン等他と差別化して商品に対して一点収集主義を取っても良いでしょう。また顧客層を限定して顧客層の一点集中主義をしても良いでしょう。こうした弱者による一点集中主義を使ってランチェスター経営戦略を立てていきましょう。