ランチェスチャー経営

強者の法則【ミート作戦】

【ミート作戦】
ランチェスター経営戦略において、ミート作戦と言う法則が有ります。ミート作戦と言うのは弱者の戦略で弱者が行っている差別化に対して、強者がそれを真似する等して弱者がせっかく付けた差別化を縮めていくと言う作戦になります。このミート作戦で大切な事、それは弱者が差別化を始めたら直ぐにミート作戦をしなくてはいけないと言う事なのです。ミート作戦自体が遅れてしまうと、弱者に追いまくられて自分達が弱者の立場になってしまう可能性が高まります。これを何回か繰り返す事で弱者が差別化の戦略を図る事に躊躇してしまう様になります。これが強者の戦略と言う事なのです。

 

ではどういう様なミート作戦をするのかと言うと、例えば弱者が製品に対して差別化を図ってきたら、強者は同じ質の製品を直ぐに開発して発売してしまうと言う作戦、また商品のアイデアを差別化してきたら、強者ならではの情報力を生かして直ぐにアイデアも類似させると言う作戦、色んなサービスで差別化を図ってきたら、直ぐに同じ様にサービスをすると言う様な作戦を図っていきます。まだまだ差別化には色々有るので色んなミート方法が有るのですが、これで大切なのは強者ならではの情報力と言う事になります。情報力が有るからこそ、直ぐに差別化をキャッチしてミートする事が出来るのです。そして弱者よりも早く先手を打って行動して行く事が大切となるのです。そうした事が強者のランチェスター経営戦略になるのです。