ランチェスチャー経営

弱者の法則【差別化】

【差別化】
ランチェスター経営戦略においての法則で「差別化」と言う物が有ります。これは弱者が強者と同じ事をしたって勝てる訳が無いと言う事、勝つ為には差別化をする必要が有ると言う事なのです。弱者が差別化すると言うのは、同業他社と自分の会社と比較して違う物を持つ事を意味します。これが戦略で差別化を図るなら武器の性能を上げたり、腕前を上げたりする事になります。つまりランチェスター経営戦略の式で言うEを上げる事になるのです。他者と比べて優れた商品を販売して差別化をする、他社と比べて優れたサービスを提供する事等で差別化をしていくのです。こうした差別化を1つやっただけでは意味が有りません。3つは最低行わないと力が付かないとされています。強者に関しては、知名度が高いと言う事自体が既に弱者との差別化になっていると考えられます。

 

ではどんな差別化を実際にしたら良いのかと言うと、製品で差別化をする場合、大体は品質や性能を技術的に上げる事になりますが、これは他社だって今までと同じと言う訳にはいきませんので、大きく差別化する事は難しい様です。次に商品で差別化をする場合、ネーミングを変えたりパッケージを考えたり、そうした売り方によって差別化を図ると言う事になります。これは企画力にかかってますよね。次にサービスで差別化をする事ですが、他社が行っていないキャンペーン、値引き、技術、アフターサービス等、直接的に顧客に還元できるサービスで差別化を図る事になります。この他にも色々差別化をする事が有りますが、こうして差別化をする事で自分達が強者になっていく様にしていくのです。