ランチェスチャー経営

ランチェスター経営の色んな戦略方法

ランチェスター経営をしている企業ではランチェスター戦略を取り入れていると思いますが、その実践体系としては地域戦略から流通戦略を経て営業戦略を行っている所が多いと思います。スーパー等の小売業者等、地域密着型の店舗型サービス業においては「地域戦略」を中心としていますし、各メーカーの開発部門に関しては「市場参入戦略」を中心にランチェスター経営を実践してきたそうです。

 

先ずは「地域戦略型」に関してですが、地域で一番のお店になると言うナンバーワンを取ると言う実践体系の事を指しています。地域を細分化していき、重点となるエリアを設定してそこから攻略して行くと言う戦略になります。この戦略は軍事戦略における理論を応用した物で、地域の奪い合いについての親和性が高いと人気の戦略となっています。次に「流通戦略」についてですが、ランチェスター戦略を実践して行く要とも言われている戦略で、マーケット上のシェアを徹底的に調べて分析して目標を達成させる為にどんな戦略をしていくかを設定する戦略方法となっています。

 

次に「営業戦略」についてですが、先程定めた目標に対してどういう風に実践して行くのか、攻撃や顧客の事を格付けして最適化していく方法になります。色んな経営手法が含まれています。次に「市場参入戦略」についてですが市場地位を見て弱者か強者か分けていますが、市場地位を確立させるには成熟市場で有る事が前提となっています。市場時期別の戦略方法、顧客ごとの戦略方法等、戦い方を考案して指導して行く物になります。