経営コンサルティング

経営コンサルティングの資格

あなたが経営コンサルティングへの道を考えているのであれば、資格を取ることをおすすめします。
経営コンサルティングに関する資格はいろいろとあります。
経営管理士、経理診断士、中小企業診断士などです。
もちろん、経営コンサルティング企業で働こうとするときにそのような資格が必須と言うわけではありません。
しかし、それらの資格を持っておくことで、企業からの信頼を受けやすくなるのです。
経営管理とは民間の経営コンサルティング能力を認定する制度です。
会計的な知識はもちろんですが、企業の経営計画に対する知識、投資に関する知識などを求められます。
実際にこの資格を取るには通信教育などを受けることが一番早道です。
それから経理管理士は企業経営全般について診断、助言、指導などを行いますが、帳簿に関する計画立案、記帳の代理業務、指導などを行います。
経理診断士には1級と2級があり、それぞれ通信講座を受講することによって資格を取得することができます。
もちろん、会計関連の資格を持っておく必要がある他、実務経験もなければなりません。
それから中小企業診断士があります。
この資格は中小企業に特化した、経営課題の診断、助言を行う専門家に与えられるものです。
就職や転職の際に、この資格が有利に働く場合もありますが、独立開業のすることもできます。
つまり、経営コンサルティングの会社を設立するのです。
中小企業診断士には受験資格は特にありませんから、知識とスキルがあれば誰でも取得可能な資格なのです。