経営コンサルティング

経営コンサルティングの流れ

企業が経営上の問題があると考えたならば、その解決を図らなければなりません。
しかし、それは社内の部署だけでできることではありません。
そこで社外の経営コンサルティングを依頼することになるのです。
経営コンサルティングに依頼した時の大まかな流れについて確認しましょう。
経営コンサルティングのスタートは現状の分析です。
具体的には経営者、社員などにインタビューやアンケートをします。
それによって、社員がどのように考えているのか、問題意識を持っているのかを知ることができます。
会社にはそれぞれの風土があります。
業種や規模による違いもあります。
会社の現状を詳細に調べることによって、様々なことが見えてくるのです。
経営コンサルティング企業もたくさんありますが、多くの企業での実績を持っている会社の方が分析能力は高いと考えていいでしょう。
社内の分析を行ったならば、経営者との打ち合わせとなります。
どこに問題が潜んでいるのか、改善すべきポイントはどこなのかを明確にすることです。
そして、そのコンサルティングでどの点を改善していくかを話し合います。
テーマを絞り込むことが大切です。
後は決定したテーマに沿って仕組みを考えていきます。
改革は短期間で達成できるものではありません。
多くの企業では数年に亘って実施しているようです。
もちろん、これらは企業の規模や特性によって変わってきます。
あなたの企業はどのような問題を抱えているのでしょうか?
あなたはそれをどれくらい認識しているのでしょうか?