登録販売者に向いている人

登録販売者に向いている人

医薬品に興味がある人、医薬品の知識が多少ある人、医薬品関係の仕事をしたいと思っている人は登録販売者の資格をとることをおすすめします。

 

また医薬品の販売や医薬品についての情報提供をするのが登録販売者のため、接客が好きな人も向いていると思います。

 

自分から一方的に話すだけではなく、相談に来たお客さんの話をきちんと聞くことができる聞き上手な人がいいと思います。

 

医薬品は常に研究開発がすすめられていてその結果医薬品の作用副作用や禁忌などが記載されている添付文書も常に改訂されています。

 

そのため最新の情報をこまめにチェックすることができて、その情報を吸収していくことができるマメな人も向いていると思います。

 

登録販売者の場合、性別や年齢などが関係しないというメリットがあります。何歳であっても、女性でも男性であっても誰にでもなることができます。

 

ただし人柄が大きく影響する仕事であると言えます。医薬品を扱うわけですから、医薬品の詳細な情報や副作用などについてまじめに誠実な対応をとって説明してくれなければ、お客さんの方も話を聞く気にならないと思います。

 

人を見た目で判断することはよくありませんが、ピアスをつけていたりひげを生やしていたりロン毛だったりしたら、自分の体のことを任せていいものかと心配になってしまうかもしれません。

 

見た目も対応も誠実な人が登録販売者に向いていると思います。医療関係の資格を他にも持っている人は特にいいと思います。仕事上、大変役に立つ仕事だと思います。