登録販売者のテスト勉強

登録販売者のテスト勉強

登録販売者の資格をとるなら今のうちがチャンスです。できたばかりの資格で有資格者が少ないので、合格しやすいからです。

 

そこで試験に合格するためのテスト勉強の方法について説明していきます。

 

登録販売者の試験では、各都道府県の協会で差が生じないように大元の試験内容を厚生労働省が手引きとして統一問題を作成しています。

 

協会はこの手引きの中から問題を作成することになります。そのためこの手引き以外のところから問題はでないので、これさえしっかり勉強していけばテスト勉強はバッチリということになります。

 

しかしながら厚生労働省の手引きの中には膨大な量の文章が入っているので、わからない点を確認しようと思ってもその箇所を探すだけで一苦労なのです。

 

文章を探しているだけで時間がかかってしまうので、時間ばかり無駄に過ぎてしまいます。そもそも手引きは問題を作成する側のために書かれたものなので、専門用語についての解説など基本的なことがあまり記載されていません。

 

問題の羅列なので、重要ポイントが整理されていることもなく、図表などもあまり載っていません。そのため勉強する側がこの手引きをそのまま使うのは少し厳しいと思います。

 

この無駄を省くためには、手引きの内容をわかりやすくまとめてあるテキストがあります。書店に行けば登録販売者用のテキストや試験の過去問題集などが置かれています。

 

テキストにはわかりやすく医薬品についての説明が載っています。ある程度勉強してわかるようになってきたら今度は過去問題を解いてテスト対策を行うといいと思います。