登録販売者の通信教育

登録販売者の通信教育

通信教育を利用して勉強する方法もあります。登録販売者になるための通信教育もいろいろと出てきました。

 

通信教育を使うことで効率的に短期間で登録販売者の試験に必要な情報を習得することができます。

 

通信教育の場合、書店でテキストを買って自分でやるだけとは違って、試験のポイントなどをまとめた教材などもついているので勉強がしやすいと思います。

 

登録販売者になるための通信教育講座をいくつか紹介していきます。「ユーキャン」では「登録販売者合格指導講座」を用意しています。
テキストのトップに、ここでは何を学ぶのか大切なポイントは何かをまとめて見やすくしてあります。テキストは4冊あって、1日に1時間勉強したとして標準の学習期間は8ヶ月となっています。
7回添削してもらうことができるので、モチベーションをその都度アップさせることができます。
勉強したことがどこまで理解できたかを確認できる実力アップ問題集がついていたり、通勤中や外出中などちょっとしたときに勉強できるハンディタイプのポイント問題集がついていたりします。
他にも実務で役に立つ接遇マニュアルや漢方処方製剤帳がついています。費用は49,000円です。

 

「ヒューマンアカデミー」の「登録販売者合格講座」。テキストだけではなく講義DVDを使って学習することで過去問題の傾向や解説などのポイントをおさえることができるため、テキストへの理解力が高まります。
3ヶ月という短期間で合格を狙うことのできるプログラムとなっています。在籍期間は6ヶ月となっているので、もしも試験に落ちてしまったとしてもこの期間までなら無料で延長することができます。
標準の学習期間は3ヶ月となっていて、添削回数は3回です。費用は35,000円です。

 

 

「三幸医療カレッジ」には「登録販売者受験対策講座」が通学コースと通信コースの両方で行われています。通学でも通信でも同じオリジナルテキストを使って勉強します。
初心者にも勉強しやすいテキストとなっていて、わかりにくい専門用語などについても噛み砕いて解説されていてわかりやすくなっています。
質問票があるので、わからないことは何度でも聞くことができます。
テキスト以外にDVD6巻や提出課題や質問票などがついています。
標準の学習期間は2ヶ月で受講は1年間有効となっています。
費用は45,000円です。
通学の場合には59,000円となっています。

 

「キャリアカレッジ」では「登録販売者合格指導講座」を通信講座として行っています。
不合格だった場合に全額返金してくれるという保証付きです。
一発合格させる自信があるからこそできる全額返金保証制度、試験1回目で不合格だったら代金を全額返金してもらえて、合格した人の場合、次に別の講座を受講したとき料金を無料にしてもらうことができます。
現役の薬剤師が解説している講義DVDも付いているので初心者でもわかりやすくなっています。
標準の受講期間は4ヶ月で、最大12ヶ月まで無料のサポートをしてもらえます。
添削は5回で質問は何度でも無料でできます。
費用は47,000円です。

 

「メイクドリームスクール」の通信教育ではe-ラーニングを使った学習方法を行っています。
他にも「産業能率大学」の「登録販売者講座」や「JCI」の登録販売者の「受験対策講座」など多くの通信教育が用意されています。

 

 

いくつか資料請求をして数社を比較して選ぶといいと思います。