登録販売者の東京医薬専門学校

東京医薬専門学校

登録販売者を目指している人が通うのにおすすめの学校に「東京医薬専門学校」があります。東京医薬専門学校は授業数の多いことが特徴です。

 

医薬品に関しての知識はもちろんのこと、登録販売者として知っておいた方がいい人間の体の仕組みについても勉強します。

 

実験をする授業もあり、幅広く登録販売者に必要な知識を学ぶことができる学校です。

 

学校としてのサポート体制も充実しています。入学する前にはプレ授業に参加して学校の様子を知ることができます。

 

入学してからは勉強を教えるだけではなく、就職について、学費について様々なサポート体制を組んでいます。仕事をしながら勉強することもできるので、学校に通っている間に収入がなくなる心配もありません。

 

登録販売者になるため必要となる実務経験も積みながら働くことができるので、卒業してからさらに実務経験を積むといったタイムロスがありません。

 

学費は分納できる仕組みもあるため、一括払いが苦しい人でも安心です。就職の希望先によって、ドラッグストア専攻か調剤薬局専攻か選んで学んでいくことができます。

 

現在の生活と将来設計を考えながら学ぶことのできる学校だと思います。合格実績も確かなもので、平成23年度と平成24年度の実績は合格率100%を達成しています。

 

学校へは2年間通って登録販売者や調剤報酬請求事務専門士や漢方養成指導士など様々な資格を目指すことができます。

 

1年生では基礎学力を身につけて2年生ではレベル別に分けて講座を受講して模擬試験対策を行っていきます。